メンバーインタビュー

お客様が幸せになる
店づくりを
諦めたくなくて。

橋本忠直スーパードーム千本中立売店 支配人 / 2016年中途入社

私は中途社員として2016年に晃商に入社したんですが、
ふと人生を見つめ直して、一生この業界で仕事をする上で
自分はどんな会社で働きたいのかと考えた時、
お客様の喜びを何より大切にできる場所がいいと思いました。
もともと、お客様あっての仕事なのに
重視するのは会社の利益だけ、
そんなふうにはなりたくないと思ったんですね。
お客様の笑顔で賑わうお店づくりを追いかけたくて、
それに挑戦させてくれそうな度量の広さを
晃商に感じたんです。
実際、前職から3つ職位を落としてからのスタートでしたが
今はすごく充実していて、これからもっと私らしく、
お客様を楽しく幸せにする店づくりを進めていきます。

入社を考えてくれているあなたへ

私が晃商を選んだ理由

理由はいろいろとありますが、いちばん印象的だったのは面接の際の部長の高山のひとことです。「もし仮に将来この業界がなくなるとしても、最後の1店舗が晃商でありたい」とお話していたのですが、その心意気に惚れてしまい、入社を決めました。

晃商ってこんな会社です

ひとりひとりの考えを否定せず、どんな提案に対してもできるだけ「やってみよう」と背中を押してくれる会社ですね。だからこそ、結果で応えたいとやる気が湧いてきますし、責任感も芽生えると思います。

こんな人と働きたい!

私自身、上司や部下といった垣根を越えてひとりの「人」として仲間と向き合うようにしています。なので、自分をヘンに隠そうとせず、心の中にある情熱を思い切りぶつけられる人と働きたいです。

QUESTION.

座右の銘は
なんですか?

スーパードーム舞鶴店 支配人 橋本忠直

ANSWER.

「巧遅拙速(こうちせっそく)」です。孫子の兵法に由来する言葉ですが、個人的に立ち止まって考えてしまう面があるので、自分への課題としてスピード感を心がけているところです。

QUESTION.

スーパードーム舞鶴店 支配人橋本忠直

なんでそんなに、みんなに愛されてるの?

他のメンバーのインタビューはこちら