エンターテインメント事業について

あそびを、
みがく。

「スーパードーム」をメインブランドとして、
全国で24のパチンコ店(関連会社含む)を展開する
エンターテインメント事業。
私たちのこだわりや、
これからについて、お話しします。

ただの「お客様」
じゃなくて、
「ファン」に
なってほしい。

最先端の設備やパチンコ台を揃えることや、
立地にこだわったお店をつくること。
それだけでお客様が来てくれるとは限りません。
ワクワク感やくつろぎなど、
目に見えないコトに期待を抱えて、
店へと足を運ぶと思うのです。
だからこそ私たちは、お客様の心と向き合い、
接客も空間づくりも手を抜かずに、
ちいさな「たのしいね!」や「好き!」を積み重ねて、
ファンになってもらうことを目指しています。

新しい「大衆娯楽」に、
パチンコを
進化させたい。

もともと「大衆娯楽」として広く親しまれてきたパチンコですが、
最近は一部の限られた人の遊びだと
思っている人も少なくありません。
でも、そんな状況だからこそ、また新しくパチンコの可能性を
広げられるチャンスがあるとも私たちは思うのです。
例えば、18歳になった初めてのデートに使ってもらったり、
職場のレクリエーションに使ってもらったり、
休日のレジャーとして家族で楽しんでもらったり。
地域の人にとって、もっと身近で楽しい憩いの場所になるため、
いい意味で、今のパチンコの枠からはみ出るような
チャレンジを続けていきます。

飲食事業について

おいしいを、
みがく。

晃商のもうひとつの柱である飲食事業。
代表ブランドである「焼肉の名門 天壇」は
京都、滋賀、東京で合計10店舗を運営しています。
そんな私たちの「おいしさ」への想いを、
聞いてください。