メンバーインタビュー

僕らが見るのは、
料理じゃなくて
お客様なんです。

西田和弘天壇祇園本店 副チーフ / 2005年新卒入社

「天壇」の調理場で副チーフを担当しているんですが、
ただ淡々と料理をつくるだけじゃなく、
提供の指示を出したり、食材の仕入れを検討したりと、
仲間でやる仕事が意外と多いんです。
だからチーム内での会話は大事にしていますし、
お客様の目線に立つということはみんなにも言ってますね。
僕ら調理場の人間って、お客様の顔が見えない場所にいて
クレームを言われるのもホールのスタッフです。
だからこそ、僕らの出す料理の向こうにいらっしゃる
お客様の顔を想像して仕事するよう意識しています。
そうすることで、ホールスタッフとも同じ志で
店全体が一体となって良いサービスを提供できると思うので。

入社を考えてくれているあなたへ

私が晃商を選んだ理由

学生時代から「天壇」のことは知っていましたが、面接の時に「うちは忙しいよ、いいことばかりじゃないよ」と包み隠さず話してくれたことに感銘を受けて、入社を決めました。だから、入った後のギャップもなかったですね。

晃商ってこんな会社です

取引先の企業を大事にしていることに驚きましたね。新店のオープン時に、先行で業者さんをお招きして感謝の気持ちを込めて料理を振る舞ったりして。仲間を大切にする想いの強さは、晃商ならではじゃないかと思います。

こんな人と働きたい!

人から吸収しようという熱意のある人ですね。晃商には、技術が優れていたり、コミュニケーションが優れていたりと、いろんな特技を持っている人がいます。たくさんの人の良いところを吸収して、自分のスタイルを確立してください!

QUESTION.

今までで
いちばん
悔しかったこと
はなんですか?

天壇祇園本店 副チーフ西田和弘

ANSWER.

入社したての頃です。包丁を研いでいたんですが、チェックした当時の責任者に「ダメだ」と包丁を地面に投げられて。何度もやり直したんですが、そこから自分の頭で考えて技術をみがいていくという自立心が芽生えた気がします。

QUESTION.

天壇祇園本店 副チーフ西田和弘

これまでどんな失敗をしてきましたか?

他のメンバーのインタビューはこちら